「Tajin~タヒン~」メキシコ産シーズニングスパイス 正規代理店

メキシコTajin社のチリシーズニングスパイス
「Tajin(タヒン)クラシコパウダー142g」取り扱い開始

タヒン クラシコパウダー 142g

2019年6月より、メキシコ「Tajin(タヒン)社」の「Tajin (タヒン) クラシコパウダー 142g」を輸入卸売りをする正規代理店となりました。

手のひらサイズの可愛らしいボトルデザインの「タヒンクラシコパウダー」は、チリパウダー・乾燥ライム果汁・塩の絶妙なコンビネーションが織りなす独特の味わいにより、野菜やフルーツなどにかけると甘みを引き出します。また、その赤くて辛そうな見た目とは裏腹に酸味が際立ち、テーブル調味料としては珍しい存在です。

生産者はメキシコTajin(タヒン)社で、第2の都市グアダラハラ市の近郊サポパン市に拠を構え、メキシコ国内および世界35か国へ対象商品群を供給。とりわけ全輸出量の約40%は、お隣アメリカ合衆国で、1993年の輸出開始よりHeinzのケチャップと並び称され、国民的調味料としての地位を確保してきました。

朝食のサラダボールやフルーツはもとより、メキシコ食文化が浸透する西海岸では、メジャーリーグのドジャースタジアムにおいて、タヒンを振りかけたメキシコ風トウモロコシのおつまみが提供されています。

さらに、カクテルのスノースタイルを赤くしてみたり、アイスクリームに振りかけて色鮮やかなコンビネーションを生み出すなど、カラーコーディネーターの役割もこなします。

国内ではまだあまり馴染みがありませんが、焼き肉・焼き鳥・唐揚げ・天ぷら・おでんなどの日本食との相性も良く、特にこれから蒸し暑い夏を迎えるにあたって『さっぱり』な味の提供が可能です。

さぁ、日本であらたな調味料のムーブメントが起こる予感がしてきたのではないでしょうか?

ご不明点・ご質問等ございましたら、弊社お問合せフォームよりご連絡下さい。

株式会社カサナチュラル
タヒン取り扱い窓口:03-5604-5253
メール:sales@casanatural.co.jp


関連記事