トップページ固有情報2

より安心で豊かな社会を目指して

 

日本の食生活は、グローバル化や技術の発展に伴い極めて豊かなものになりました。

スーパーやコンビニには、色とりどりの食品・食材が常に棚一面に陳列されています。

 

ところが、昨今、その食生活が大きく、且つ、急速に変わりつつあります。

人々の高齢化や共働き世帯・単身世帯の急増により、家庭内で作ったものを食べる“内食”が減り、出来合いのお惣菜や温めるだけで食べられる冷蔵・冷凍食品を食べる“中食”が大幅に増えてきました。

また、“中食”が増える事で食事の大量生産化が進んでおり、食の安心・安全確保はもとより、原料の安定供給も従来以上に大切になってきました。

 

この様な状況に対応するべく、(株)カサナチュラルでは、以下の点を念頭にメキシコを中心とした国々で食品を生産し、輸入・販売しております。

 

  1. 顔が見える安心・安全な食品である事
  2. 適地適作で過度な負荷無く生産されている商品である事
  3. 持続可能な取り組みである事

 

一方、情報化が進み、社会の高度化が進むにつれ、ストレスの多い社会にもなってきていると思います。

 

会社名の“カサナチュラル(Casa Natural)”とは、スペイン語で“自然の家”という意味ですが、単に自然の恵みを取り扱う会社という意味ではなく、会社自体、及び、そこで働く全ての人々が常に自分らしく“自然体”であって欲しいという願いが込められています。

多くの人々にとって、仕事とは生活をする為の手段であると思いますが、夫々のライフスタイルやライフステージに合った仕事、または、仕事の仕方を提供する事でライフワークバランスを維持する。そうする事で、皆が過度なストレスを感じる事なく自発的に働き、常にわくわくする様な仕事ができる。そんな会社にできればと願っています。

 

食品事業を通じて、皆さまの生活をより安心で豊かなものする一端を担えれば幸いです。

 

(株)カサナチュラル

代表取締役社長

山下 大介